· 

谷中の天台宗天王寺と五重塔跡 東京都台東区

日暮里駅からすぐの所にあります。私は上野駅からでしたが、それほどの距離ではありません。

 

江戸初期は日蓮宗のお寺・天応寺だったことは知りませんでした。

ここのしだれ桜には、何人もの人が写真を撮っていました。

大きな木ではありませんが、毘沙門堂を隠すほど咲いていました。

プロの仏師の作品展です。

小さな作品ばかりです。作家によって表情が違いました。

五重塔跡は霊園の広い通りに面していますので、すぐ分かります。

写真などで想像するしかないのですが、さぞ立派な塔だったのでしょう。

一般の民家だけで無く、寺院などの貴重な建造物まで、放火する人がいるのですから怖いですね。


日蓮宗当時の天応寺は、不受不施派の寺院でしたので、幕府から弾圧を受けて天台宗・天王寺となったわけです。

幕府からの命令でも登城を拒否するなど、他宗旨だけでなく、同じ宗派の他の立場をも否定しては、この時代無理だったと思います。

       不受不施派

不受不施派は隠れキリシタンのように隠れて信仰を続けました。

明治になり息を潜めていた不受不施派は、宗教法人の認可を受けて復活しました。

今でも厳しい信仰を続けているようです。