· 

お釈迦さま 私は天国に行けますか?

今から40年ほど前の事です。

ご本山智積院の管長・那須政隆猊下が、私たち若手僧侶の前でのお話しをされました。

「仏の国はどこにあるのか。そこにある。そこにある。そこにある。」と右、真ん中、左と向けました。
その時、弘法大師の声字実相義に書かれた言葉「五大に皆響きあり、十界に言語を具す。六塵悉く文字なり。法身はこれ実相なり」(ごだいにみなひびきあり、じゅっかいにげんごをくす、ろくじんことごとくもんじなり、ほっしんはこれじっそうなり)を思い浮かべました。
簡単すぎるかと思いますが、仏様はあらゆる世界にいますよと言う意味になります。
真ん中を指したときは、私たち向けてでした。あなたたちも仏ですよと言われたのでしょう。
また、声字実相義には、仏の中にあらゆる世界があり、私たちの一毛の中にも仏の世界があることを教えています。
猊下は真言宗の教えを分かりやすく話され、人として恥じないよう、真言宗僧侶として精進しなさいと話されたのです。
それでも一般の方は、意味が分からないかもしれません。
死を間近に迎えた人やその親族にっては、来世に良い所(ごくらく、浄土、天国など)へ行けるのかが心配な方もいます。
私は、来世があると思い込むことにしています。行く手前で帰ってきた私には、まだ確信を持って言えないのです。
檀家さんに対して「天国であるか、浄土であるか、間違いなく良い世界に行きます」「ご主人、友人、両親、ご先祖様、皆同じ世界にいるのです」とお話ししています。

お釈迦さま

お釈迦様にあるおばあさんが問われました。おそらく初めて会った方でしょう。

 

「お釈迦様、私は天国に行けますか」

 

 

お釈迦様は、

 

「あなたは天国に行けますよ」

 

と説かれています。

 

人によりその人に合わせて優しい言葉、思いやりを持って話されているのです。
おばあさんは、きっと死を迎えるまで、心安らかな気持ちでいられたと思います。
お釈迦様がインド各地で布教をされていた時代は、色々な宗教を信仰する国家がたくさんありました。
「そのような時に、私の説く教えだけが唯一無二の教えです。他の宗教では、天国に行けません」
と説かれたら、お釈迦様はどうなっていたでしょう。
日本でも平安時代に、国家に承認されていない宗教は弾圧され、消滅しています。
時代が変わっても、他にもそのようなことがあったはずです。
その後の、鎌倉、室町、江戸、明治と、時代が変わるたびに、仏教、神道、キリスト教は、その時代の政権によって、弾圧、承認の判断をされていたのです。

 

 

宗教・宗旨に関わりなく、信仰の深さだけが、成仏や天国に行く条件と思っている人もいますが、それは差別につながりかねません。

 

 

「和を以て貴しとなす」

 

人として、善(よ)き人出あることが、一番大事なことです。
お釈迦様は、「善き人であれ」と説かれているのです。 

那須政隆猊下のご染筆掛軸