真言宗智山派  総本山智積院  京都市東山七条

総本山智積院の金堂(本堂)です

金堂

智積院は真言宗智山派三千ヶ寺の総本山で、「五百仏山(いおぶさん)根来寺智積院」が正式名称です。

末寺には大本山として成田山新勝寺、川崎大師平間寺、高尾山薬王院があり、別格本山として、高幡不動金剛寺、大須観音寳生院があります。

 

江戸末期の混乱時に土佐藩の駐屯地となり、火薬庫が爆発して金堂など貴重な建物・宝物・書物が焼けていまいました。

金堂は昭和50年に再建されました。新たに国立京都博物館修復所にて造られた大日如来像をお祀りしています。

全国の末寺、団信徒のご協力により、ここまで復興致しました。

 

桔梗の花

 

長谷川等伯と一門の国宝障壁画、名勝庭園がよく知られています。

私のいた40年ほど前の金堂前は、殺風景でした。

 

これらの写真は7年前ですので、かなり変わっているかもしれません。CMで放送されるようになり、かなり観光客が増えているそうです。

 

近年は紅葉、梅、桔梗など、花の名所として知られるようになりました。

 

  紅葉 リンク        梅 リンク         桔梗 リンク

  

智積院 link

 



総合受付・駐車場

向かって左側の総受付は、ご供養、お護摩、御朱印、お守りの受付をしています。

 

大書院と障壁画

これは国宝の模写です。

実物は収蔵庫に収められています。

長谷川等伯・久蔵親子など一門の大傑作です。福山雅治さん CM link

明王殿

旧本堂です

現在の講堂の所にあった御本堂を金堂南側に移しました。

 御本尊は不動明王です。お姿link

 

名勝庭園

利休好みと言われる智積院の庭園です

大書院から見た庭園です。よくCMに出てきます。岩下志麻さん CM link

ここに長い時間ながめている人が、結構います。

講堂

平成7年に再建されました。

いろいろな儀式や研修に使用されています。

 

智積院会館

智積院会館は、どなたでも泊まれます。

檀信徒のための宿泊施設です。

一般の方も泊まることが出来ます。

朝の金堂での勤行は泊まらないと経験できません。  link

食事も出来ます。桔梗 link